副作用を最小限にするには

女性

安全性を優先しよう

ボトックス治療はメスを使用せず、注射器のみで施術が完了します。施術時間も約15分程度で終わるため、一見簡単な施術だと思われてしまいます。しかし、そうではありません。人間の筋肉は複雑で注入すべきポイントを誤ると、意図していない箇所に効果が現れる事になります。効果を出すべき箇所に効果が現れなければ、施術を行った意味もなくなってしまいまね。特に、ボトックス治療の中でも人気が高いのが顔への注入ですが、表情筋は30箇所以上もあります。そのため、注入すべきポイントを間違えると眉間が不自然に上がったり、口元が引きつるなどの症状が現れます。ボトックスを注入した部分を修正するための治療もありますが、それなりのコストがかかってしまいます。何より、1度の施術で希望通りの仕上がりになるのが理想ですよね。副作用のリスクを避けるため、以下の点に気を付けましょう。
・ボトックスの品質は安全か
ボトックス治療で使用される製剤は1種類ではありません。クリニックで主に使用されているのは米国産のタイプになりますが、なかには中国産や韓国産のタイプもあります。中国産と韓国産のボトックスは、値段が安く済むので治療のコストが抑えられます。しかし、安全面が問題と指摘されているため、安全性を優先したい場合は米国産のボトックスで治療を受けたほうが良いでしょう。また、効果をしっかり得るには新鮮なボトックスである事が大切です。ボトックスは米国より輸送されるので、温度管理が万全な状態で日本に届けられているかなども、カウンセリングで確認しておくと良いでしょう。
・クリニックで積極的に勉強会をしているか
ボトックスはもともと体の中にある成分ではありません。そのため、アレルギーを発症する場合もあります。また、胎児への影響が懸念される事から、妊娠を考える人や授乳中の人は治療を受ける事は出来ません。ボトックス治療は体のコンプレックスを解決してくれる有効な治療ではありますが、誰しも受けれるわけではなく副作用が起こる可能性もあるのです。体への影響がどのくらいあるか理解しておく必要があるため、ボトックス治療についての勉強会を意欲的に行っているクリニックが理想です。